Posted on 2019/06/26

EMC Cambodia Visa Extension Shop - BKK1

カンボジアのビザは、誤解を起こしやすいです。もし、間違えて、オーバーステイをすると、 罰金を支払わなければいけません。

カンボジアのビザには、"expiry date"という欄があります。直訳すると、「期限日」です。ですが、この期限日の意味が困ったことに、ビザの取得状況とビザのタイプによって変わります。

カンボジア国外でビザを取得したり、1ヶ月滞在できる長期のビザを取得した場合、ビザに記載されている期限日は、
「カンボジアに入れる期限の日」
という意味になります。
「カンボジアに滞在できる期限日」
という意味ではないです。非常に誤解しやすいです。

ビザの期限日はビザ自体ではなく、入国時に別ベージに押されたスタンプに書かれています。スタンプの上の日付が入国日、下の日付は滞在期限日です。

もし、勘違いをすると、オーバーステイの罰金が積み重なって高額になります。オーバーステイの罰金は一日$10です。

例えば、国外でビザを取得した場合、取得から3ヶ月間まで、そのビザで入国することができます。ビザを取得してすぐにカンボジアに入国して、このビザで3ヶ月間滞在できると勘違いしてしまったとします。ところが実際は、滞在可能期間は1ヶ月です。なので、2ヶ月のオーバーステイで$600の罰金になります。

もっと悲惨な例ですが、1ヶ月滞在できる1年のビザを、1年間滞在できると勘違いすると、1年後に11ヶ月のオーバーステイで、$3300の罰金になります。

罰金が払えないと、刑務所に入らないといけないこともあります。カンボジアから追放されて、数年間は、入国禁止になります。くれぐれも、ビザの見間違いで引っかからないよう、ご注意ください。
Contact Us
Message sent. We'll get back to you soon.